陣痛と結石 どっちが痛い?

出産時、陣痛と腎結石の痛みを同時に味わった体験談です。育児のことも書いていこうかなー。訪問&☆ポチARIGATO。ブログ内容は、たまに読み返して修正してますー。

妊娠出産③ 思い描いてたのと違う!予定外の入院へ・・・

こんにちは、にんじんです。f:id:ninjinn:20170719000357p:plain

 今日は、予定日直前急遽入院したことについて書きたいと思います。

出血や腰痛・ひざ痛に悩まされてはいたけど、まあまあ 順調にマタニティ生活をおくってたので、普通に陣痛を迎えてから入院するものとばっかり考えていました。トラブルで入院することもあるとは知っていたけど、まさか自分がそうなるとは思ってなくて、思い描いていた出産イメージとの違いに焦りました。

 

予定日から3週間くらい前かな?自宅で測る血圧は上100前後だったのが

 120〜130と出る日が2・3日続きました。高血圧は大変と聞いてはいたけど、正直「高血圧」と言うほどは高くないし「まさかなー」と思いつつも念のため検診日じゃなかったけど病院へ行くことに。

   f:id:ninjinn:20170721234957p:plain

結果は、尿タンパクも正常範囲。先生は「確かにちょっと血圧高いけど、タンパクも大丈夫だし、心配ならもう入院してもいいけどどうする?」と。しかし、できれば予定日まで様子を見たかったのでその日は帰ることに。

 

その数日後、もともとの検診日だったのでその日も普通に病院へ。

検尿をして、エコー検査。

エコーは特に問題なしでしたが、まさかの尿タンパク(++)

そこで先生から「入院して促進剤で明日産みましょう」と告げられました。「血液も濃くなりかけてる」と。

あとで知りましたが、妊娠高血圧症候群の症状(合併症?)で血液濃縮というのがあるらしくそれのことかなー?と思っていますが、正しくは分かりません。

その日は夫と母も一緒だったのですが、まさかそんな展開になるとは思ってなかったのでめちゃくちゃ焦りました。健診の後、ランチ行く予定だったし・・・(^^;;

そのまま病室へ案内され、わたしはベッドに横になりましたが実感わかなさ過ぎて全然落ち着きませんでした。2人部屋で隣には陣痛に耐えている方がいたこともあるかもしれません。

 

正直、予定日を目前にしてもまだ出産すると言うことの実感が全然沸いてなかったんですよね。陣痛が来たら、その覚悟が芽生えて行くのかな?って思ってたのですが、かなり強引に現実を見せられた出来事でした。

でも、今思えばそういう予定外の事態って日常茶飯事なんでしょうね…そんなロマンチックなもんじゃないですもん、出産って。

 

多くの人がそうだと思いますが、初産ということで出産に向けていろいろ勉強したんですよね。それで、出産に対するイメージも膨らんで行ったわけですが、まさか自分がこんな状況に置かれること想像していませんでした。たしかに多少体重が増えすぎたことは反省していましたけど、まさか本当に妊娠高血圧症候群になるとは思ってませんでした。そして、診断された時もそんなに重大なこととは思ってなくて、「はぁ・・促進剤か、自然に陣痛を待って産めないんだ・・」と、ただそれだけが悔しい思いでした。

    f:id:ninjinn:20170719003825p:plain

でも、産んだ後の体調がすぐれなかった時、こうして当時を振り返って書いている時、病気について調べていると、本当にあのとき先生が判断してくれてよかった・・・とつくづく感謝しています。もし重症になっていたら、取り返しのつかない状態になることもあったようです。

 

さて、入院した当日ですが、夫と母は入院荷物を取りにいったん帰宅。

わたしは、明日の促進分娩に備えて子宮口へバルーンを入れることに。

これがめちゃくちゃ痛かった・・・

 

次回は

激痛・・・そして促進剤初日へ

について書けたらいいな。